07-03 2019   11:01:23
   

DotC United Groupは The Jazzyearによる「Promising 2019―最も潜在力のあるto B成長型企業ランキング」にノミネートされた

To B か Not to Bか。それは新時代における新しいテーマである。

近年、AI、ビッグデータ、IoTなどの新興テクノロジーの発展が進み、産業の方向転換は顕著に変化し、to B市場に参入するインターネット業界の大手企業がますます増えてきた。

Alibabaが取り上げられたクラウド戦略やビッグデータ戦略から、Baiduがto B市場に対して全面的な配置の完了を宣言し、また自動運転向けの「Apollo(アプロ)」と会話式AI「DuerOS(ドゥアーオーエス)」を主力サービスとして急速に影響力を強めている。また、Tencentは組織構造を調整し、産業インターネットにおけるビジネスを展開し始めた。これにより、中国のBAT(Baidu、Alibaba、Tencent)大手企業はto B市場に転換していくことが明らかになった。

 

同時に、to B市場における数多くの企業やサービスなどはVCから出資を受けて資金調達を達成した。特にスタートアップ企業や技術主導の企業などのto B企業は、数多くの資本から認められている。

 

しかしながら、潜在力のあるto B企業は一体どんな企業だろうか?

 

Jazzyear(甲子光年)は厚益高等教育院と提携し、テクノロジー・ユニコーン加速キャンプキックオフ兼Promising 2019を6月22日に北京にて開催した。その中でDotC United Groupは、急速な発展、及びグローバル市場における影響力で、「Promising 2019―最も潜在力のあるto B成長型企業ランキング」にランクインした。

   

DotC United Groupのランク入りは、to B市場における長年に渡ったビジネス展開の効果を示し、DotC United Groupの世界的なブランド認知と影響力が認められたためである。

DotC United Groupは、グローバリゼーションに直面するチャレンジに取り組み、企業の海外進出プロセスを単純化するため、インターネット・プラットホームを構築したテクノロジー会社として、過去に何千もの中国企業にサービスを提供し、これら企業のグローバリゼーションを実現させた。

 

インターネット市場が後半に入った現在、DotC United Groupは引き続きにto B市場を注目し、技術の交替や、ビジネスのイノベーションの中で、サービスを向上させるとともに、さらに多くの中国企業のグローバリゼーションを実現するために、より良いサービス・生活を提供していく。

To B or Not to B,it’s up to you.