DSPプログラマティック広告

広告主様にプログラマティック広告サービスを提供する

DSPプログラマティック広告は2010年初にサービスを開始、そして、2014年にモバイルトラフィックプラットフォームを正式リリースしました。

今までは、DSPプログラマティック広告は、ブランディング、APP、Eコマース、ゲーム、CPAオファーなどのグローバルパートナーに顕著なパフォーマンスをもたらしました。 独自のグローバルなプレミアムトラフィックリソースと豊富な広告フォーマットに基づいて、DSPプログラマティック広告は先進国と遠隔地のユーザーにリーチすることができました。 現在、200以上の国と地域をカバーし、10億以上のグローバルインターネットユーザーと100億以上の1日のインプレッションがあります。 2017年、DSPプログラマティック広告は主要なゲーミングクライアントが世界のユーザー市場をトップティアの国から低い国に調査するのを支援しました。 数か月以内に、数千人のゲーミングユーザー(各ユーザーが50セントという低額の買収)をもたらし、最初の市場機会をつかむのに役立ちました。

IMB中大型メディアバイイング

広告配信ROIを最大化させる
IMB中大型メディアバイイングは、FacebookやGoogleなどのグローバルなメインストリームプラットフォームに接続します。有料検索広告、ディスプレイ広告、動画広告により、広告主はコアユーザーを正確に特定し、ユーザーのコンバージョンを促進し、ユーザーアクティビティを維持し、利益を維持することができます。実用性と有効性により、IMB中大型メディアバイイングは業界で最も認知されているマーケティングツールの1つになりました。

APXアドネットワーク

アフィリエイター・エージェンシーにマネタイゼーション案を提供する

APXアドネットワークは、 DotC United Groupが世界向けに提供されたパフォーマンスに基づいた広告取引プラットホームであって、トラフィックボリュームプロバイダーに完全のセフルコントロール可能の広告取引を提供しています。2011年にリーリスされたAPXアドネットワークは広告主とパブリッシャーの相互利益のためにトップのオンライン市場を提供します。複数の独立したテクノロジーと経験豊富なグローバルメデイアバイイングチームにより、APXアドネットワークはグローバル広告主様の収益性向上を支援します。

aNative
高度にカスタマイズ可能な表示広告として、aNative(ディベロッパー様にマネタイゼーション案を提供する)は、さまざまなアプリケーションとのシームレスな統合、およびアプリケーション開発者向けのワンストップアプリ収益化ソリューションを提供します。 APIとSDKの統合タイプを備えたaNativeは、すべてのメデイアリソース、ユーザー、広告主に利益をもたらすことを目指しています。優れた組み込みアプリケーションと高度なターゲティングテクノロジーにより、aNativeはユーザーに最高のエクスペリエンスを提供すると同時に、より高いeCPMとARPUを獲得して最高の収益化結果を達成することを目指しています。

VideoXプレイアブル広告

リワード動画広告のマネタイゼーションサービスプラットフォームと位置づけ
VideoXプレイアブル広告は、DotC United Group傘下の有力な報酬付き動画広告収益化サービスプラットフォームです。 機械学習アルゴリズムと完全な収益化サポートサービスを継続的に最適化することにより、世界最高品質の報酬付き動画広告リソースを収集し、開発者が最小限の時間コスト、開発コスト、管理コストで最高のトラフィック収益化収益を達成できるようにします。

Noogenesisマーケティング自動化

マーケティングの自動化、定量化、精度を達成する
Noogenesisマーケティング自動化は、マーケティングの自動化、定量化、精度を達成できます。 モバイルアプリケーションと広告に関する膨大なデータと情報を提供し、必要なモバイルインテリジェンスを広告主に提供します。 一方、Noogenesisマーケティング自動化は、開発者と広告主がアプリケーション市場を分析し、広告のアイデアを見つけ、広告を表示する機能を最適化するのに役立ちます。

PAPプログラマティックリアルタイム入札プラットフォーム

広告主側とメデイア側のために、プログラマティック広告サービスを提供する
PAPは、広告主側とメデイア側のために、プログラマティック広告サービスを提供しています。PAPはDotcが既存するトラフィック(メデイア)、及び他の良質なトラフィック(メデイア)の競争入札サービスを提供し、ターゲットとするユーザー属性などに基づいた最適な広告枠を選定します。また、クリック、コンバージョンレートやフィルレートなどによって、広告主にとってはより最適化された広告配信を、メディアにとっては広告収益の最大化を実現します。